shibuya
 
 
   
         
 

width=
 

クリエイターのイメージ通りの画像を作成します。

・独自のカラープロファイルを作成し最適な色管理をしています。複雑な画像合成や色補正、さらに媒体入校規定に適合したデータの調整を施しながら、色管理されたDDCP出力により瞬時に最終仕上がりイメージを確認できます。
・さまざまな媒体で同一画像を使用する場合、入校から印刷まで一貫受注することで「クオリティ」「スピードアップ」「コスト削減」もサポートしています。
・今ある画像データを雑誌や新聞媒体の入校条件(解像度・UCR等)に適したデータに調整します。

複数の提供素材(RGB・CMYKデータ・フィイルム・印刷物 等)を用いて、1枚の完成画像データを作り出すことや、提供素材が何も無い場合でもイラストレーション作業によりイメージ画像を作成します。
■画像処理の一例
■車建物 修正箇所(切り抜き合成、パース補正、不要物消去、背景延長、色調補正)
 
 
 
■マウス 修正箇所(ロゴ合成、なじませ)
 
図のように、RGBからCMYK、さらに新聞CMYKになると色域が狭くなります。
お預かりした画像を補正するにあたり、プリンティングディレクターを交え印刷条件、用紙種類等によりハイライト領域、中間領域、シャドー領域のバランスを考慮し、色のシミュレーションを繰り返し修整ながらイメージ見本通りに仕上がるよう補正をします。
各種媒体(雑誌広告・新聞広告・交通広告・ポスター・カタログ・デジタルサイネージ)や、各使用出力(Web・ポジフイルム・写真プリント)、使用データ形態(RGB・CMYK)など、さまざまな使用目的に幅広く対応しています。

シブヤ画像部門ではアナログ製版時代から、エアーブラシ写真修正カメラワークなどの構築により、皆様にご満足いただける掲載が実現できるよう努力してきました。
しかし近年において広告媒体のデジタル化に伴い、シブヤ画像部門も幅広く多機能なデジタル部門へと進化を遂げています。
今後は、Photoshopのみならず、After Effects使った動画作成も予定しております。

 

 
         
Copyright (c) 2005-2018 SHIBUYA CO.,LTD All right reserved.